採用情報

研修制度について

新人社員研修はどういうことをするのですか

新入社員研修は、4~5月の2ヶ月間行います。4月は、座学中心の研修になります。「挨拶」や「マナー」など社会人としての基本やトヨタの歴史、これから販売店の社員として仕事をしていく上での必要な基本知識を学びます。

5月は、店舗にて、体験学習を行います。熊本市内の店舗を中心にお店での体験学習をします。また、体験では、コンサルティングスタッフ(営業)は、エンジニアウエアを着て、サービス工場で洗車なども行います。

UTG PICKミーティングとはなんですか

「UTG PICK」とは、UTグループの新入社員を対象としたスタッフ育成プログラムです。「1年後のあるべき姿・なっていたい姿」という目的に向かって、クール(2ヶ月単位)ごとに目標を決めて、取り組みます。日々の活動は、bB制度(ビックブラザー制度)を活用し、お兄ちゃん(先輩)を中心に店舗で活動します。月に1度、社長を始め、本部、店舗の関係者が集まり、1ヶ月間の振り返りをします。出来たこと、その要因、出来なかった事、その原因を探ります。教育担当者だけでなく、会社全体で、新入社員の成長を見守っていきます。また、新入社員だけでなく先輩社員の指導スキルの向上も研修で同時に行っています。

交換日記は何のためにするのですか

bB制度(OJT)を進める上で、お兄ちゃん(先輩)と日々の出来事を奉告し合います。文字に残すことで、自身の成長を振り返ることが出来ます。1週間前の自分、1ヶ月前の自分、1年前の自分など、どのように成長してきたのか確認できます。また、「書く」ことで、文章力や文章をまとめる力がつきます。そうすることで、相手に伝える能力も養うことが出来ます。

ロープレ大会とは何のためにどのようなこと?

UTG PICKを通じて、成長してきた事を披露する場です。UTG PICK参加者をはじめ、全ての店長が参加し、会社全体で新入社員の成長を確認します。

コンサルティングスタッフ(営業)は模擬商談を行い、テクニカルスタッフ(エンジニア)は車検作業を行います。このロープレを通じて、日々の仕事で、出来るようになったこと、まだまだ勉強が必要なところが確認できます。また同時に、2年目に向けた取り組み目標を設定と、新人賞を選定する上での1つのコンテンツにもなっております。